FC2ブログ
ニャーばあちゃん日記
孫三人と猫のルイとの日々
プロフィール

kanijun

Author:kanijun
愛知県豊田市在住。
人生の夕方を迎えたオバサン。
迷い込んできた♂猫のルイと
離れて暮す孫達との交流。 
晴耕雨読,手仕事の日々。  

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ヤバイ!
昨夜もコンちゃん来ました。  で、写真も撮りました。
が、今 アップしようとしたら・・・ SDカードが入ってなくて何にもナシ。
所詮 アナログ人間ゆえ 時々は 気に入ったものは現像します。 昨日そうだったワ
先日は冷蔵庫の支払いをしようとしてキャッシュカードを大探ししたしね~   ヤバイ!



ルイ、 とっても元気。
三年半前に迷い込んで来た時、 抱き上げると フニャっとした感覚があった。
今はしっかりした体幹になり たくましくなったなァって。
最近 時々 玄関脇の火鉢に入っている。 迷い込んだ時に二晩過ごしたんだよね。
こんな立派な猫が捨てられたなんて思ってなく すぐ飼い主は見つかると考えてた。
アチコチ届けを出したんだけど・・・ 私とは運命の出会いってヤツ

昨夜からのニュース。
北の独裁者の異母兄、 マレーシアの空港で暗殺されました。
彼は2001年、 「東京ディズニーランドへ」行きたくて偽造パスポートで入国。 
当時の外相 田中真紀子は正式な記録は残っていないけど 「即刻 退去させる」って。
勿体無い・・・ 彼とその家族を人質に 拉致された人達と交換できなかったかなぁ
日本の外交って直球しか持ち玉がないのか。 交渉術をもっと磨いて欲しい。

スポンサーサイト




コメント

ルイちゃんは迷い猫さんだったのですか
それはここのうちに子になりたいとルイちゃん自らのうちの子宣言だったのでしょうか
よいご縁でした

まるでテレビドラマのような報道にびっくりでした
そうでした日本に来たとき拉致被害者との交換をもちだしてもよかったですよ
何故誰もいわなかったのでしょうか
いい交換材料だったのになぁ
[2017/02/15 15:03] URL | ゴルのママ #- [ 編集 ]

2013年11月6日
私が玉ネギの苗を植えてた日、道路の真ん中でボンヤリ座っている猫と
目が合って、「見かけない猫だなぁ」って思いながら また続きを。
次、私の足元みたら その猫がいたんですよ。
先住の犬も猫もいたので すぐには家に入れませんでしたが、
二日間 ルイはどこにも行かず火鉢に入ってました
北に拉致され 理不尽で悲しい思いをしてる方々を一日も早く
日本に取り戻してあげたいです。 外務省や社会党は最初
「拉致」の事実すら認めていませんでしたね 情けない。
外交はもっともっと したたかでなくては!
[2017/02/15 18:59] URL | カニジュン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asshutoshijimi.blog.fc2.com/tb.php/865-c5011eec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)