FC2ブログ
ニャーばあちゃん日記
孫三人と猫のルイとの日々
プロフィール

kanijun

Author:kanijun
愛知県豊田市在住。
人生の夕方を迎えたオバサン。
迷い込んできた♂猫のルイと
離れて暮す孫達との交流。 
晴耕雨読,手仕事の日々。  

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

文通
購読している中日新聞の「くらしの作文」が 60周年を迎えたらしく
今 過去に掲載された方々の「あの頃」的な作文が載っています。
フ~ン 私が生まれた頃からのコーナーだったのね

2年程前 たまたま その作文が目にとまりました。
同い年、夫を亡くし、股関節骨折の姑を一人で介護。
文中の「アナタ、どうして先 逝っちゃたの?って 天に向かって叫ぶ」
全く 私と同じではないか

ただ一つ 違うのは その時すでに 私の姑は施設に入所できていた点。
私でも この方のチカラになれるかもー って思いました。
住所を見ると 長野県のとある村。 だったらナントカなりそうな予感。
で、ハガキ書きました。 細かな住所なしで お名前だけで。

届きました
以来 無理のない範囲で 思い出した時、季節が変わった頃に
まだ その方は自宅で介護しておられます。 わが姑の様に認知症がなく
きっと会話が成立しているから お二人の生活が続けていけるのでしょう・・・
でも 大変だと察しています、色々な意味で

ウチの姑は現在 満88歳。 食欲旺盛なので まだまだ上半身は元気
特に「口」が元気で 頭と心は20歳代から30歳代に若返っています。
常に私のことを「おかあさん」と呼んでいたので 暫くは気がつきませんでしたが
ある時、私を目の前にして 「お母さんが迎えに来てくれない」と。
で、「今、自分は何歳だと思うの?」って聞くと 「35歳位か?」
姑の「お母さん」は 本当の自分の母親を思っていたのでした・・・
ご自分から話す事は全部 みごとに実家関係の事ばかり
結婚後の65年という時間は どこかへ・・・


 



  
スポンサーサイト




コメント
良い言葉
「文通」いいことばですね 先日見たテレビで「文通」が もとで結婚された話し 熟年の女性料理研究家と結ばれた話し あの わたくしも 遠恋してましたって話し 携帯のない時代 手紙のやりとりしてた話し 私の場合ダメでした え? そう もちろん私が ひゃくぱー 悪い って話し
[2012/10/11 22:13] URL | RONNIE #- [ 編集 ]

今や死語かな?
相手の未だ 見ず知らずの女性e-50
写真を送ったりしてないので お互い「どんなんかな~」
そこがいいのよね。
あなたのは 下心がバレバレだったとかe-3
[2012/10/12 21:58] URL | カニジュン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asshutoshijimi.blog.fc2.com/tb.php/74-07d58cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)