FC2ブログ
ニャーばあちゃん日記
孫三人と猫のルイとの日々
プロフィール

kanijun

Author:kanijun
愛知県豊田市在住。
人生の夕方を迎えたオバサン。
迷い込んできた♂猫のルイと
離れて暮す孫達との交流。 
晴耕雨読,手仕事の日々。  

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

有難うございます、でも・・・
今も 庭の草取りしていて振り返ったら コンちゃん来てました。
いつもの様に 御飯をあげながら・・・
「コンちゃん、ちょっとした★スターになれてたかも。 ごめんね~」

前記事に鍵コメで連絡下さった 東京の某テレビ局のスタッフの方へ。
この数日 考えましたが、 やはり取材はお断りさせて頂きます。
確かに これだけ人間に慣れた野生のキツネは珍しいと思いますが・・・

IMG_1195.jpg

このブログをいつも読んで下さる方々は 「野生動物への餌付け」を容認して
下さっているものと 私は勝手に信じております。
が、 この行為は往々にして賛否両論が存在するのを承知しています。
私の行為を全国レベルで公表するのも いかがなものか・・・
例えキツネが イノシシの天敵で 益獣であってもです。

コンちゃんは私のペットではありません。
知らないところで悪事を働いていて 歓迎されていない存在の可能性もあります。
テレビに出て 「アイツだ!」って事になるかも知れません。
現に 我が家のデッキのサンダルや猫用のブラシ、敷物にイタズラします
猫を咥えて歩いているのを見た事もあり ノラ猫でなく もしも飼い猫だったら?

周囲の景色が一瞬でも写って 居場所や我が家が特定されたら・・・
「見てみたい!」 「写したい!」って思う 暇な人も?
アゴまで触らせてくれたり 腰掛けた私の膝に脚を乗せたりもしますが
御近所の二軒の庭先で御飯を貰う以外は とっても敏感で用心深く暮らしてます。
ただでさえ道路を横断するなど 危険をおかして山から下りてきます。

テレビ受けする ベストショットが撮れる確証はありません
特別な「芸」もしません
見知らぬ人、知らない声が聞こえただけで 近寄らない可能性も大です
その他、 色々 ネガティブな想像が私の頭の中で渦巻いております。
どうか、 コンちゃんと私にストレスを与えないで そっとしておいて下さい。

内心は どこかで とっても嬉しくて 思い出の一つとして「記事」にしました。
本当に こんなブログを目にとめて頂いて ありがとうございました。

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asshutoshijimi.blog.fc2.com/tb.php/563-f4dda028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)