FC2ブログ
ニャーばあちゃん日記
孫三人と猫のルイとの日々
プロフィール

kanijun

Author:kanijun
愛知県豊田市在住。
人生の夕方を迎えたオバサン。
迷い込んできた♂猫のルイと
離れて暮す孫達との交流。 
晴耕雨読,手仕事の日々。  

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

森の夕べ コンサート
今、帰ったところ。
昨年に続き 部落のお宮の舞台でのコンサート

子ども園 (保育園)のママさんユニットで、結成一ヶ月とはとても思えない
メンバーには ごくごく御近所の方が
「どうしよう・・・」なんておっしゃってましたが 凄く素敵なお声でしたよ~



そして、 忘れないうちに。
初めて 生のインド楽器を聴きました。
100弦の「シャントゥール」 と 60弦の「ハンマーダルシマー」。
両方とも 茶道の茶杓のデカいような物で 弦をたたいて音を出します。

IMG_2259_1.jpg

左から 横笛の福井幹さん、 タブラのPAKI DE SATさん、 ジミー宮下さん。
なんともいえない 心地良さでした・・・
京都からおいでの 福井さんのMCが とても穏やかで かつ 魅力的で。  お人柄?
曲の紹介の時、すべて 「・・・を奏でます」って言われましたが まさにそんな感じ
 
ビートルズが1960年代終わり頃から 急激に インドへのめり込んだ理由。
この歳になって 少し判るような気がしました。
当時は 「なぜ?」って不思議な気がしてたけど。


スポンサーサイト




コメント
混沌
大学を出て、いま住んでいる田舎の県で職を得たのは、やっぱりビートルズがインドに魅かれたのと同じような気分があったと思います。

ヒッピー、欧米文化の閉塞、その行き詰まりの方向に進んでいるニホン、

でも、ジョン・レノンはNYであんな死を迎えたし(その情報は、ライブもやるフォーク系の飲み屋さんで知った。僕の顔を見るなり、やとわれマスターが「知ってます?、ジョン・レノンが殺された」ってね)、こんな私の気持ちの中にも京都回帰・都市回帰のもやもやがある。

ま、よくわかんない。 まだ昨日の酔いが残ってるのかな!

でも、みんなで楽しむこんな雰囲気もいいですね。  私の住むところには、農村歌舞伎や人形浄瑠璃が残っているけれど、神社の舞台で、隣のおばさんやお姉さんが美声を聞かせてくれたり、インドの楽器を楽しむことができたり、これって農村歌舞伎や人形浄瑠璃の現代版、収穫の秋の楽しみ\慰安かなぁって、ふと思ったりします。
[2014/10/05 20:31] URL | 山ん山 #VnYYDiAU [ 編集 ]

新米のおにぎりと豚汁付き
コンサートの前には 皆で腹ごしらえ。 共有地でブルーベリーも
作っているので そのジャムを使ったデザート付きですe-319

昨年は イケメンの「二胡」の演奏でした。
今年はインド。 ヒンズー教の八百万の神をたたえる音楽を
白山神社で演奏する っていう面白さe-257
なんかインドの旋律って 聞くにつれ 陶酔感がありますね~

私はもう絶対 都会では住めないし 暮らせない。
でも、文化的な催しに「出掛けたい」って気持ちはある。
犬や姑やらのブレーキがかかっていたけれど これからは・・・
好奇心は最後まで持っていたい。

[2014/10/06 09:36] URL | カニジュン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asshutoshijimi.blog.fc2.com/tb.php/444-d7745b23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)