あらッ!キツネじゃん! 見守る犬と猫
ドッグフード食べるキツネ。 それを歓迎する?キャバリアとネコとの暮らし
プロフィール

カニジュン

Author:カニジュン
愛知県豊田市在住。
人生の夕方を迎えたオバサン。 生来の動物好き。 
晴耕雨読,手仕事の日々。  
キャバリア♂の アッシュ、
(2014・7・22 ☆星になる)
はちわれ猫♀の しじみ、
(2017.2.20から帰宅せず)
迷い猫メインクーン♂の ルイ、
野生ギツネの♂ コンちゃんとその家族との暮らし。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

相変わらず 元気です
翌日

三連休を台無しにして 日本列島を縦断した 台風18号。
最近の雨の降り方は異常で 「〇十年振りかの・・・」って。
その翌朝の二匹。
デッキでくつろいで 幸せそうにしています。

コンちゃんの今年の子育ても終盤に入りました。
子ギツネ用に作ってあげる 「肉入りドッグフード団子」も
最近は持ち帰りも数少なくなりました。 段々と巣立っていった?
来年も家族持つつもりかな・・・ 年々 大変そうだよ

ルイ 涼しくなって 凄く元気。
我が家に迷い込んで満4年を迎えようとしている。
私が勝手につけた「ルイ」って名前も覚えて 呼べば返事するしね
とにかく甘えてくれて 可愛いったら!

世の中が風雲急を告げて ひょっとしたらミサイルが飛んでくるかも。
日本の政治も乱れてるしね。
若い人達が夢を持てる時代を作っていかなきゃね。
税金を有効に使ってもらおう


スポンサーサイト
元気です


ルイです。
ボク達は元気で仲良く?暮らしています。
夕べ 凄い雷雨で ご飯を食べに来られなっかたコンちゃん 可哀想。
どんな家に住んでるんだろう
色々な警報が出てる雨・・・ 洞穴は水浸し?

腹ペコのコンちゃんの前にいて大丈夫なのか
お母さんが もう キツネ用のご飯持ってるから 平気。
経験上 確信あるよ。
やっぱり 野生で生きていくって大変だね。 


暑中お見舞い申し上げます
ボクは元気です  

相変わらず 右側にいるルイが 目障りなので怒っちゃってますけど・・・
子供達三匹を満腹にするには大変です。
今朝はもうこれで おかあさんにおねだりすること 4度目。
「ちゃんと狩りするところを 子供達に見せなさいよ!」 って言われてるけど つい

 IMG_4488.jpg

 IMG_4492.jpg

朝寝です。
夜明けと同時に おかあさんを起こして家から出して貰い ひと暴れしたあと。
今朝は アブラゼミを捕まえて帰ってきたので 「うるさいッ」って叱られました。
暑い日は玄関のタイルの上なんかがいいよ、アッシュ兄ちゃんもそうしてたね。

おかあさんのおかあさんが亡くなり 49日の法要や遺品整理も済んだみたい。
ボク達はいい子でお留守番してたよね。
今は おかあさんの家の外周りの塗装を決めようとしてて 昨日は役所へ。
町並み保存の関係で 塗る色が制限されてるんだって。

このあたりの矢作川水系も取水制限が始まったらしいね。
一杯降り過ぎてアチコチ 災害が起きてるのに 極端だなァ
トランプさん、 安倍さんも お友達優遇体質が似てて 毎日の嫌になっちゃう
ともかく ボク達は元気にしてる。 また報告するね


ノンビリ更新に。
コンちゃん、 目の下にダニがくっついてるよ~
自分が食べたあと、 子ギツネ用お持ち帰り団子を待っているところ。
頑張って育てるんだよ。



ルイ。 本当に甘えんぼ 可愛いヤツ。
先日一晩留守にしたせいで 普段より一層ベッタリです。
リモコンの横に抜けたヒゲ一本。  とっても元気です。

IMG_4446.jpg


弟から 母の部屋の片付けを手伝って欲しい とか。
借家の耐震補強工事やら その裏の家との境をキチンとしたい。 
できれば 私の本来の家の塗装工事。 二軒の下水工事も・・・
気ぜわしくなりました。 いずれ近いうちにというものばかりです。

私にヤル気のあるうちに済ませたいと考えました。
今後は 本当にノンビリ 書かせて頂くつもりです。
開いてガッカリかも知れませんが どうぞ宜しくお願いします 


お疲れ様でした
息子の結婚式にて    IMG_1892.jpg
       
丁度 三年前 84歳の時の写真。   私の作ったリメイクの服を着て。
歩けていましたが 会場の段差や移動が多くて 用心の為 車イスに。
マイクを渡され 長々と祝辞を述べ(笑)  クチだけはズーッと元気でしたねェ
弟が選んだ遺影よりコチラのがいいんだけど・・・  ここに載っけておこう

この家で 犬・猫・キツネと遊ぶのを楽しみ、 土いじりしてました。
私の穏やかな生活を喜び 珍しく褒めてくれて。
そのすべてが思い出に。      「老衰」で約一ヶ月。 
私達に適度な別れの時間を与えた所は いかにも母らしい。  感謝